「ローハッド症候群」という病気をサポートする 日本事務局&家族会のホームページ
 

急性発症肥満

絵文字:星 症状 絵文字:星

主に最初に現れる症状として急性発症肥満があります。
出生時は健康で何の問題もなく平均内の体形だった子供が、突然今までと変らない食事や生活をしていても、半年~1年の間に10kg~15㎏太ります。
その後も太っていき、同時にその他の症状が次々と現れます。


絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人


絵文字:ノート 対処療法 絵文字:ノート

肥満は呼吸状態の悪化につながるため、徹底的な食事管理が必要になります。
合わせて有酸素運動も必要です。
(体の大きさにより影響をうける心肺停止の危険性やリスクの為に一部の患者は運動が制限されることもあります。)

主に最初に現れる症状として急激な体重増加が認められているので、急激な体重増加には注意が必要です。